社会保険労務士事務所リジョイス/石川県金沢市で創業15年超の助成金に強い社労士事務所が貴社の労務環境改善のお手伝いをします。

社労士が解説!定額減税対応でこんなお悩みございませんか?

2024.06.25 コラム事務所通信
石川 金沢 富山 社労士 助成金 401k 人事 労務管理 

こんなお悩みありませんか?

・これまでの給与計算にどのような影響が出るか分からず不安…

・定額減税制度によって、新たな事務作業が増えた場合の対応方法が分からない

定額減税への対応は専門家にお任せください

定額減税の導入により、給与計算業務はかなり複雑になる見込みです。また、従業員から所得税に関する質問も増えるでしょう。

給与計算担当者は、定額減税処理を確実に行うため、従業員の状況を正確に把握し、各人の控除事績簿を作成する必要があります。
これにより、業務負担が大幅に増えることが予想されます。そのため、制度を理解し適切な業務プロセスを確立することが重要です。

定額減税で増える給与計算の負担

定額減税の導入に伴い、まず給与計算の手順やソフトウェアの設定に変更が必要です。
具体的には、毎月の源泉所得税から減税額を差し引く処理が追加されます。

・控除対象者を確認し、定額減税申告書を作成します。扶養家族や労働状況などから、どれだけの減税が可能かを確認します。

・各人ごとに控除実績を管理するため、個別の控除実績簿を作成します。個々の従業員によって減税額が異なるため、正確な管理が必要です。

・6月からの給与支給において、控除額を計算し、減税された税金で給与明細を作成します。

従業員の収入や家族の状況によって、控除される限度額が変化するため、毎月の源泉税からの控除額を管理することが重要です。
特に、給与計算ソフトウェアを使わずに手作業で計算している場合は、大変な負担が予想されます。

当事務所にお任せください!

定額減税を適切に反映しない企業には罰金が科される可能性があります。しかし、定額減税による追加の業務や注意事項は、経営者や給与計算担当者にとってかなりの負担になるでしょう。具体的な対策や手続き等の面倒な作業は専門家に依頼して、本業に集中できる環境を整えませんか?

無料相談実施中!

まずはお気軽にご相談ください。

特に「給与計算代行を初めて検討している」という方はご不安も多いと思います。どの様にアウトソーシングを進められるのか、体制をどの様に変更したら良いのか、専門家が親身にアドバイスさせていただきます。

初回は無料でご相談を承ります! お問合せはこちらから

最新のお知らせ・セミナー情報

  • 2024.07.21 コラム事務所通信
    【2024年の最低賃金引き上げ対応】時給970円以下の職員がいる経営者様へ
  • 2024.06.25 コラム事務所通信
    社労士が解説!定額減税対応でこんなお悩みございませんか?
  • 2024.03.27 コラム事務所通信
    【物流・運送業対応まとめ】運送業の2024年問題とは?労務管理の専門家である社労士が解説!
  • 2024.03.10 コラム事務所通信
    【建設業対応まとめ】建設業の2024年問題とは?労務管理の専門家である社労士が解説!

労務サービス

助成金のご相談はこちらから 助成金のご相談はこちらから

076-287-6830

受付:平日9:00〜18:00

アクセス

PAGETOP